あの手汗対策の副作用は?塩化アルミニウムは?

手汗に悩まされて色々と試した・・・という経験はないですか?

 

制汗剤は色々出回っていますが中々肌に合ったものって見つからないですよね。

 

かゆみや炎症が出てしまった・・・なんて事も良く聞く話ですし。

 

 

副作用が起こらない制汗剤をお探しならフレナーラがおススメです!

 

その理由は、成分も見ると分かりますよ。

 

 

フレナーラの全成分はコチラ
      ↓
有効成分:クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロピルメチルフェノール

 

精製水、1,3-ブチレングリコール、ヒドロキシエチルセルロース、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、T-メントール、リンゴエキス、シソエキス(1)、ハマメリエキス、マロニエエキス、ブドウ葉エキス、オトギリソウエキス、セイヨウキズタエキス、アルニカエキス、チャエキス(1)、海藻エキス(1)、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン

 

 

これだけ見てもちょっと良く分からないですよね?

 

結論だけ申しますと、フレナーラの成分からは副作用はありません!

 

では、他社のものと比べてみましょう!

 

 

他社製制汗剤の全成分はコチラ
      ↓
アルコールデナ、アルミニウムクロリッド、アルミニウムラクタート、プロピレングリコル、グリセリルステアラット、セチルパルミタット、スラミクロクリスタリン、チリイドロクシステアリン

 

 

成分とか詳しくないし・・・という方でも比べてみると気づくと思いますが、フレナーラには植物エキスがたっぷり入っていることが分かりますよね。

 

この植物エキスは500種類もの植物から厳選して選ばれた制汗&整肌成分です。

 

フレナーラの特徴としては、これらの成分を独自の技術でナノ化し手の平の汗腺へ直接働き、発汗自体を抑制してくれるというものです。
使い続ける事で効果も上がるので朝晩のケアとお出かけ先で毎日使うのがおススメです。

 

 

一方、他社製のものはなんだか分からない成分ばかり・・・・

 

 

制汗成分と言えばもうご存知の塩化アルミニウム。

 

塩化アルミニウムは汗管細胞をちょくせつブロックすることで発汗を抑えるもので、制汗効果自体は高いものです。
制汗に効果があると薬局で買って使っていたという方も多いのではないでしょうか??

 

確かに制汗効果はあるのですが、気を付けたいのが副作用です。
皮膚の炎症、かゆみ、あかみ、発疹などを起こす場合があります。

 

実際、塩化アルミニウムはその効果の高さから多くの制汗剤に使われています。

 

上記の成分にも入っていないかと思いがちですが、”アルミニウムクロリッド”というのが塩化アルミニウム溶液の事です。

 

ちなみに”プロピレングリコル”も塩化アルミニウム同様の働きをする成分として配合され、一番多く含まれている”アルコールデナ”はエタノールの事です。

 

塩化アルミニウムはそのまま肌に塗ると強い刺激を与えるのでそれを中和する目的で配合されているようです。

 

 

比べてみるとわかりますが、フレナーラは肌にやさしいと多くの方に選ばれるのもこの成分表が裏付けしていますね。

 

 

選ぶならやはり副作用のないお肌へのやさしさも重視したいですよね!

 

関連ページ

手肌にやさしい制汗剤の気になる成分は?
制汗作用は強力でお肌にやさしい成分の制汗剤を探している方必見!フレナーラなら欲張りなあなたもきっと満足する効果があるはずです!フレナーラの気になる成分をご解説します♪
フレナーラの口コミで手汗あるあるを確認!
フレナーラは満足度91.7%もあるようです!その噂の真相を確かめるべく口コミをチェックしてみました。手汗に悩んでいる人なら納得のフレナーラの口コミをご紹介します♪
フレナーラvsファリネ!汗対策にはどっち?
手汗用制汗剤として有名なフレナーラとファリネ。どちらも同じくらい良さそう・・・と悩んでる方へ、フレナーラとファリネを比べてまとめてみました!ご参考にどうぞ!